生理周期が整う!妊活におすすめ布ナプキンのメリットって…?

布ナプキン

妊活中、生理周期の乱れは、計画が立ちにくく厄介なものです。生理周期を整え、妊娠しやすくなるという効果があると評判になっているのが布ナプキンの使用です。布ナプキンとはどのようなもので、そのメリットや、注意点とは?

布ナプキンのメリット

最近よくネットなどで販売されている布ナプキンですが、従来使っている紙ナプキンとの大きな違いは、布でできているので、かぶれることがないということです。特に生理中は、お肌も敏感になりがちなので、布ナプキンでかぶれの改善が期待できます。

布ナプキンは、何度も使えるので、環境に優しいという利点もありますが、布ナプキンの、妊活最大のメリットは、子宮の冷えが解消されることです。冷えから来る不快症状は多くありますが、一番気を付けなければいけないのが、内臓の冷えから来る体調不良で、生理周期の乱れも、子宮が冷えてちゃんと機能していないということが原因です。

布ナプキンを付けた第一印象が、ポカポカするという感覚です。子宮が冷えると、妊娠に関係する様々な機能が正常に働きません。紙ナプキンが、子宮の冷えにつながっていたのが、布ナプキンを着けたら実感できます。子宮や卵巣をあたためることで、妊娠しやすい環境づくりが可能となります。子宮の冷えが改善すると、生理痛のひどかった場合には、改善することがあります。

布ナプキンの使い方

布ナプキンは、いつも使う紙ナプキンのように使いますが、使用後はバケツで漬け置き洗いをします。雑菌の繁殖が気になるので、ハイターの様なものにつけておき、消毒しておく方が良いでしょう。血液感染症の疑いのある人の場合は、布ナプキンを洗浄するのは、感染のリスクがあるので、おすすめできません。塩素系殺菌をして洗いますが、血液の汚れは、アルカリ系でよく落ちるので、洗浄の時に、アルカリ系の洗剤を使うとよく落ちます。

外出時には漏れが気になるという人は、家に居る時は、布ナプキン

外出時は紙と使い分けをして、量の少ない終わりかけの時は、布ナプキンというような使い方をすると良いでしょう。生理中でないときにも、子宮が冷えていると感じる冬場、冷房の効いたオフィスで冷えを感じる夏でも、つけている人もいます。

まとめ

布ナプキンを妊活中に使うと、子宮の冷えが改善され、内臓の冷えから来る様々な不快症状の改善効果があり、生理周期が整うなど、子宮、卵巣の機能が正常になり、妊娠しやすい環境づくりが可能となります。

関連記事

ページ上部へ戻る