リコピンがなんとトマトの1.5倍!!妊活に最適な果物すいか

すいか

リコピンと言えばトマト!と思っている方が多いと思いますが、実はすいかにはトマトの1.5倍のリコピンが含まれています。なぜすいかが妊活に最適なのか、リコピンとの関係についてお話しします。

活性酸素と妊活の関係

体の老化に影響を与えると言われている活性酸素ですが、妊娠にも弊害があります。活性酸素が増えすぎると精子や卵子の質を下げてしまうと言われています。言いかえれば妊娠しずらくなる可能性が高まるという事です。という事は、活性酸素をうまく除去できれば、妊娠しやすい体になれると言えます。活性酸素は抗酸化物質を摂取する事で過剰な増加を防ぐ事ができます。抗酸化物質には様々な栄養素がありますが、その中でもβ-カロチンの約2倍の抗酸化作用があると言われているのがリコピンです。リコピンと言えばトマトを想像する方が多いかもしれませんが、すいかにはトマトの1.5倍のリコピンが含まれています。活性酸素をうまく除去して妊娠しやすい体をつくってみませんか。

リコピンだけじゃありません

すいかにはリコピンだけではなく、ビタミンAやビタミンC、マグネシウムやカリウムなど、現代の女性に不足しがちな栄養素も豊富に含まれています。また低カロリーですが、ほどよく糖分が含まれているため、水分不足になりがちな方にもしっかりと水分を体内に残してくれます。また1日に4㎎のリコピンを摂取している妊婦は妊娠高血圧腎症になる確率が50%減少したという研究報告もあるため、妊活している方だけではなく、妊婦の方にもおすすめです。またビタミンAは胎児の脳神経や視覚の発達に必要不可欠だとも言われています。

まとめ

活性酸素は妊活の妨げとなるだけではなく、美容にも大きく影響します。すいかに含まれるリコピンはトマトの約1.5倍と言われており、妊活する方や妊娠している方にもおすすめです。体に良いからと言って食べ過ぎてしまうと、体を冷やしてしまう事になるため、バランス良い食生活の中にうまく取り入れるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る