不妊にグリーンスムージーを活用するために

グリーンスムージー

一日の野菜の摂取量を毎日の食事で補うのはとても大変ですが、グリーンスムージーなら楽に野菜が摂れ、ビタミンやミネラルも豊富なため、美容効果や健康効果も高いと人気です。そんなグリーンスムージーを不妊に活用するにはどうしたら良いのでしょうか?

スムージーのメリット

スムージーとは野菜やフルーツなどを水や牛乳など、お好みの飲み物とブレンダーで混ぜ合わせたシンプルな飲み物です。ケールやホウレン草などのグリーンをメインに作るスムージーをグリーンスムージー、フルーツがメインのスムージーをフルーツスムージーと呼んでいます。野菜やフルーツで作られているため、食物繊維を多く摂取する事ができ、腸内環境が整います。腸内環境が整っていないと基礎代謝の低下、免疫力の低下につながるなど、健康維持との関係も深いです。またスムージーは不足しがちなビタミンやミネラルなども摂取しやすいメリットがあります。

スムージーのデメリット

人間の身体は咀嚼をする事によって唾液が分泌され、消化を助ける働きがあります。また十分な咀嚼は満腹中枢を刺激してくれるため、ダイエットにもつながります。しかしスムージーは、ほとんど咀嚼の必要がないため、消化機能が低下してしまったり、満腹中枢の刺激が足りなく他のものを食べ過ぎてしまう場合があります。スムージーは牛乳やヨーグルトと混ぜる方が多いですが、これらは冷蔵庫で保存しているため身体が冷えてしまいます。冷えは万病の元だけではなく、不妊の原因ともなってしまいます。また牛乳やヨーグルトなどのタンパク質と一緒に摂取すると栄養の吸収が悪くなるとも言われているため、水との組み合わせが良いでしょう。

グリーンスムージーの活用

不足しがちな栄養素を摂取するのにおすすめのグリーンスムージーが冷えの原因となり、不妊につながらないように、混ぜ合わせる水分を常温に近づけて作る事をおすすめします。また十分な咀嚼はストレスの緩和にも繋がるため、あまり咀嚼の必要が無いスムージーでも咀嚼しながら飲んだり、少量のトーストなど咀嚼が必要なものと一緒に飲む事をおすすめします。不妊には避けたい冷えやストレスはできるだけ遠ざけるようにしましょう。

まとめ

手軽に作れて、栄養もとりやすいグリーンスムージーですが飲み方によっては、身体の冷えの原因となってしまい、不妊の原因となってしまう事もあります。また混ぜ合わせるものによっては、栄養の吸収の妨げとなってしまったりするため、正しいレシピで飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る