はちみつが喫煙男性の不妊&妊活女子に効果的らしい

はちみつ

喫煙は百害あって一利なしと言われますが、なかなか禁煙が難しいという方も少なくないでしょう。妊娠中はもちろんですが、妊活中もできれば禁煙を心がける事をおすすめします。しかしどうしても禁煙できないという方に、おすすめなのがはちみつです。喫煙していても妊活にはちみつが効果が期待できるかもしれないと話題になっています。喫煙とはちみつはどのような関係があるのでしょうか?

妊活への喫煙の影響

たばこの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、そのうち60種類が発がん性物質だと言われています。また、たばこが深く関わる病気には命にかかわる病気も多くあるため、百害あって一利なしと言われています。そして妊活中の男女にも大きな影響があります。たばこは活性酸素が高くなるため、卵子や精子の質を下げてしまうのです。また血液循環が悪くなり、冷え性や不妊にもつながりやすいと言われています。妊娠してからは、赤ちゃんへの影響も大きいので妊娠中は禁煙に心がけなくてはなりませんが、妊活中からの禁煙を強くおすすめします。喫煙は自分だけではなく、副流煙としてまわりにも悪影響を与えるという事もお忘れなく。

はちみつの効能と喫煙

はちみつには整腸作用や、強肝作用などがあり、健康面、美容面の両方から様々な効能が期待出ると言われています。はちみつは体内に取り込まれてからエネルギー源として働き始めるのが比較的早いため、疲労回復にも効果が期待できます。また良質なビタミンやミネラルをはじめアミノ酸や酵素なども豊富である事から、栄養価の高い健康食品と言えるでしょう。その他に紫外線やストレス、喫煙などで発生する活性酸素を除去する抗酸化作用が高いと言われています。

まとめ

喫煙は体内に活性酸素を発生させ、精子や卵子の質を下げてしまうため不妊の原因につながりますが、はちみつには活性酸素を除去する高い抗酸化作用があると言われているため、喫煙をする妊活中の男女におすすめだと言われています。しかし喫煙は百害あって一利なしです。健康面でも美容面でも、また金銭面でも良い事は全くありませんので、妊活中や妊娠中に限らず、禁煙をおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る