赤ちゃんの為に出来ること…妊活とイチジクのメリット

イチジク

妊活フルーツと呼ばれることのある果物のひとつにイチジクがありますが、イチジクは妊活にどのようなメリットがあるのでしょうか。イチジクと妊活の関係についてお話します。

不妊と鉄分の関係

女性に不足しがちな栄養素のひとつに鉄分がありますが、鉄分を十分に摂取している女性は排卵障害のリスクが減少するという研究報告があります。鉄分には動物性と植物性がありますが、植物性鉄分は不妊のリスクを減らしてくれると言われています。植物性鉄分の代表には小松菜やひじき、イチジクにも豊富に含まれています。しかし鉄分はもともと体内で吸収されにくい栄養素であり、植物性の鉄分は吸収性が低いと言われています。植物性の鉄分を効果的に吸収するには、ビタミンCと一緒にとることがおすすめですが、イチジクは鉄分の他、ビタミンCも豊富であるため妊活中の女性にはおすすめの果物のひとつです。

イチジクは万能果実です

妊活フルーツと呼ばれるほど、女性におすすめの果物であるイチジクは、妊活フルーツの他にも不老長寿フルーツとも呼ばれるほど栄養価が高いです。特に乾燥させた白イチジクには鉄分の他、ビタミンC、ビタミンB1、B2、カルシウムが豊富であり、葉や茎からでる汁にはタンパク質分解酵素が含まれているため、外用薬としてつかわれる事もある万能果実なのです。イチジクの旬は7月~10月ですが、ドライフルーツなら年中食べられますね。ドライフルーツのイチジクを選ぶ時は無添加のものや砂糖不使用などのものをおすすめします。

まとめ

鉄分をとることは、妊活している女性には大切な事です。鉄分と言えばレバーなどくせのあるものを思いつくでしょうが、不妊のリスクを減らしてくれると言われているのは植物性の鉄分です。鉄分はビタミンCと一緒にとると効果的に吸収されると言われているため、鉄分の他にもビタミンやカルシウムなどが豊富な事からイチジクは妊活フルーツとも言われています。

関連記事

ページ上部へ戻る