妊活女子の運動不足が深刻になっている。手軽に出来るストレッチを…

ストレッチする女性

妊活をしている場合、健康な体を作るのは、妊娠につながる基本です。健康づくりには、毎日習慣にできる、運動をすることが重要です。将来出産に耐える体を妊活中に作っておくことも大切です。

妊活女子におススメのストレッチの効果とは?

現代人の生活は便利になったお陰で、運動不足が問題になっています。自分の体力にあった運動を毎日続けるのが理想ですが、毎日続けられる運動の例として、ウォーキング、筋力トレーニング、ストレッチングがあります。
ウォーキングは、なるべく歩くように心がけることや、気分転換に散歩も兼ねて歩くというだけで、血行促進効果があり、新陳代謝も活発になります。
筋力トレーニングも大切で、特に出産のときのことを考えて、妊活中から腹筋を鍛えておくことは大切です。
ストレッチングはこれらの運動の前後、または、ストレッチングのみ行うことで、色々な効果があます。
運動前に行うストレッチングは関節の柔軟性維持、向上効果があります。
筋肉を急に使わないことで、けがの予防効果もあります。また血液の循環の向上効果があります。
運動後に行うストレッチングの効果は、疲労回復、リラクゼーション効果があります。
ストレッチングをするだけでも筋肉の委縮を抑制したり、関節の柔軟性を増す効果があります。

出産を控えた妊婦さんは特に関節の柔軟性は大切!

妊活中から、将来妊娠したときのことを考え出産に耐える体作りをしておくようにしましょう。
まず、出産のときに股関節の柔軟性は大切です。
股関節の柔軟性がないと、出産のときに股関節脱臼をする場合もあります。
そうならないように、妊活中からストレッチングで、関節の柔軟性を向上しておくことは大切です。
妊娠中、大きなおなかで何時もと勝手が違うので転んでしまうと大変です。
柔軟性があると、転ぶということが避けられます。

妊活中のストレス解消、血液循環の向上にもおすすめ!

妊活中はストレスも溜まりがちです。ストレッチングをすることで、気分が爽快となり、ストレス解消や、リラックス効果があります。
ストレッチングには血液の循環を促し冷え性の場合は、改善効果もあり、新陳代謝が活発となり、体が温まります。
新陳代謝が活発になると、体の各機能も活発となり、子宮、卵巣の機能も正常となります。

まとめ

妊活中、運動不足には注意が必要で、毎日できる手軽なストレッチングがお勧めです。
ストレッチングは、血液の循環を良くし、関節の柔軟性が向上し、特に股関節の柔軟性を向上することが、出産に向けての体作りの為にも大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る