お風呂にゆっくり浸かっていますか?入浴タイムは妊活に大切な時間です

入浴している女性

日本人が思わず、ああ極楽だと言ってしまう瞬間の一つが、お風呂につかるときだと言います。一日の疲れを癒やす入浴タイムの過ごし方次第で、妊活にはとても有効な時間となります。

体の芯から温まることが、妊活中は大切!

女性に多い、冷え症は血液の循環が悪いということが原因です。
血液の循環を良くするにはいろいろな方法がありますが、体を温める為に効果的なのは入浴です。
体の芯が冷えていると、内臓が冷えている状態で血液の循環も悪く、内臓の機能も緩慢になりがちです。
特に妊活中には、子宮や卵巣の機能が正常に働くように冷えないようにすることはとても大切です。
子宮や卵巣以外の内臓もホルモンの分泌には関わりがあり、また栄養分を必要としますが、血液の循環を良くし新陳代謝を活発にすることで、ホルモンの分泌も正常になります。
同じ入浴をするのでも熱いお湯にさっとつかるのではなく、ぬるい目のお湯に長くつかるようにしましょう。あまり長く入りすぎてのぼせるのはいけませんが、ある程度の時間入浴しないと体の芯は冷えたままの状態です。半身浴にすればのぼせることもなく、体の芯まで温まることができます。

入浴タイムはリラックスタイム!

妊活中、特に不妊治療などで、通院していたりすると何かとストレスを感じやすくなります。ストレスは体調に影響を与える要因です。まず、ストレスをためないようにすることが、健康な体作りには大切です。入浴タイムは、ゆったりと、一日の疲れを取る、リラックスできる時間です。よりリラックス効果を上げるためには、自分のお気に入りの香りの入浴剤を使うようにしましょう。また体の芯から温まるという入浴剤には、水素水入浴剤、バスソルト、日本酒風呂なども効果があります。日本の昔からあるゆず湯、しょうぶ湯なども季節感もあり入浴タイムを楽しめます。海外のタラソテラピーセンターの販売する入浴剤は、自宅でタラソテラピーが出来るというものもあります。自分のお気に入りの香りの入浴剤を見つけて、入浴タイムを楽しみましょう。肩こりや足のむくみなどで悩んでいる場合には、マッサージを入浴タイムに行うとより効果的です。

まとめ

妊活中には、お風呂で体の芯から温まり、血行促進や、子宮や卵巣を温めることで、機能が正常に働くように改善されます。入浴タイムは、リラックスしてストレスの解消も出来るので、お気に入りの入浴剤で体の芯まで温まるように、ある程度の時間は湯船につかるようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る