アラフォー女性の妊活事情に迫る!

高齢出産

女性の社会進出が進み、婚期も、遅くなってきています。結婚した時点ですでに30代の場合も多く、アラフォーで妊活をしている女性も多くいます。40代の女性の妊活事情はどのようなものでしょうか。

子どもが産みたいアラフォー女性の増加!

仕事が忙しいなどの理由で、気がつけばもう40代になってしまったという女性も多くいます。仕事をバリバリこなす女性ににとって、妊娠、出産となると、仕事を取るか、子供をとるかという選択に迫られ、仕事をとってしまうという状況が多くあるようです。結婚したのが、すでに30代という場合も増えており、なかなか妊娠できずに悩む女性も多く、不妊治療や、体外受精なども行っても、流産してしまうということが多くあります。妊娠したくて、不妊治療もしているのに、妊娠できない、残りの時間は限られているというプレッシャーもあり、ストレスも溜まり、そのためにまた体調が悪くなるという、不のスパイラルに陥ってるケースも多くあるようです。孫の顔を見たいなどの、周りの人からのプレッシャーなども加わり、つらい思いをしている女性も多いようです。また、不妊治療の多くは保険外であり、そのために高額な医療費の負担を考えないといけません。近年は、ネットなどで同じ悩みを持つ人たちとの情報交換なども可能になり、同じ悩みを持つ人からのアドバイスなどが、受けられるようになっています。不妊治療を医院で行っている場合は、医師からの指示に従って、妊活をしていくようにしましょう。

40代で妊娠が難しい理由

卵子の老化は着々と進んでいます。卵子は、胎児の時に卵巣内に形成され、以降、男性の精子とは違い卵子は新しく形成されません。卵子の老化は質が劣化し、また年齢と共に数が減ってしまいます。毎月の月経時には、どんどんその数が減っていきます。卵子が老化することで、卵子の異常も多くなり、妊娠しても流産が増えていきます。30代からの妊娠には、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群等の病気が発症しやすくなり注意が必要となります。胎盤の位置の異常など、その他の要因も起こりやすくなってきます。40代の妊娠では、染色体異常の確立が高くなり、ダウン症になる確率が100人に1人というように急激に高くなります。「新型出産前検査」ではこの染色体の異常があるかどうかが分かり、最近では検査を扱う病院もありますが、まだ一般的ではありません。採血検査、羊水検査、マーカー検査などでも異常があるかどうかがわかります。

卵子の老化を遅れさせる生活習慣

最近のアラフォーの女性は、若々しく、健康にも気遣う人が多くいるように、老化のスピードは必ずしも同じとは言えません。それは日ごろからの生活習慣などで、老化のスピードを遅らせる努力をしているからです。卵子も生活習慣を改めることで、多少の効果があるようです。その注意点とは…

  1. ストレスをためない
  2. タバコは吸わない。タバコを吸っている人の近くに居て間接的に喫煙することを避ける
  3. 適度な運動を毎日続ける
  4. 体を冷やさない
  5. 抗酸化作用のあるものを選び、バランスのよい食事をする

この他にも、体特に子宮や卵巣の冷えには注意します。

まとめ

最近40代の女性で、妊活をしている人が増えています。仕事と妊娠の両立が難しいという状況もあり、仕事を選んでしまい、今になったという人も多く、婚期も遅くなったことも関係しています。40代では卵子の老化から、妊娠することが難しく、また染色体異常の可能性も高くなり、流産になることも、多くあります。

関連記事

ページ上部へ戻る